デリケートゾーン黒ずみ、おすすめはこちら

 バストの黒ずみ、おすすめはこちら

 おしりの黒ずみ、おすすめはこちら

 わきの黒ずみ、おすすめはこちら

 ひざ・ひじの黒ずみ、おすすめはこちら

そもそも、どれくらいの女性がデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるの?

 

デリケートゾーンの黒ずみは、自分ではどれくらいの
状態か分かりかねるため、他の人がどうなのか、
気になるという女性は多いようです。
実際のところ、どれくらいの割合の女性が
デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいるのでしょうか?
ここでは、30代〜60代の女性300名を対象にした
「女性のデリケートゾーンの悩みアンケート」の

調査結果をご紹介します。

 

デリケートゾーンで気になる第1位は「かゆみ」62.0%
2位は「におい」50.3%、3位は「おりもの」41.3%
4位は「ムレ」25.7%、5位が「黒ずみ」で25.7%でした。

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる女性は、
なんと25%以上、4人に1人が悩んでいるという結果に
なりました。女性の場合、生理中のかゆみやにおいが
気になるという方が多いのは想像がつきましたが、
黒ずみに悩んでいる方が、想像以上に多いことが分かります。

 

「彼に指摘されてショックだった」
「温泉に行ったときに友人に指摘された」
「水着になって、他人と違うことに気付いた」
・・・など、デリケートゾーンの黒ずみ
悩むようになったきっかけも、ショックを受ける
シチュエーションだったという方も少なくありません。

 

ただ、デリケートゾーンの黒ずみは、かゆみ・においなどと
異なり、自覚症状がないため、実際にはもっと多くの方が
悩むことになる症状であることが考えられます。
潜在的な数字は、もしかすると半数近くであるかもしれません

 

そもそも、デリケートゾーンが黒ずむ原因は何?

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは、どのようなことが
考えられるのでしょうか?
デリケートゾーンの黒ずみは、外部からの刺激により
メラニン色素が過剰に分泌され、色素沈着することで
引き起こってしまします。

 

肌への刺激・摩擦
 デリケートゾーンは皮膚が薄く弱いため、下着
 ナプキン、カミソリなどでの自己処理脱毛
 トイレットペーパーなどの使用などの刺激が
 黒ずみの原因になってしまいます。つまり、

 デリケートゾーンは日常生活の中で、常に黒ずみ
 なる要因が背中合わせであるということです。

 

ターンオーバーの乱れ
 年齢とともに肌の新陳代謝は低下していきます。
 また、ターンオーバーは乱れやすいため、
 刺激や摩擦で黒ずんだデリケートゾーンの修復が
 しづらい状況に陥り、黒ずみが目立ってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れ
 女性の場合、生理・ストレス・過度なダイエット・
 妊娠などが原因でホルモンバランスが乱れると、
 肌のターンオーバーのサイクルが正常に行われなくなり
 黒ずみを引き起こす原因になってしまいます。

 

乾燥
 デリケートゾーン乾燥しやすいパーツです。
 潤いが無くなって乾燥すると、バリア機能が低下し、
 さらに刺激に弱くなるため、黒ずみが生じやすくなります。

 

間違った洗い方
 デリケートゾーンを清潔にしようと、ゴシゴシ洗いや
 洗浄力の強いボディソープを使うことが肌への刺激
 なり、黒ずみの原因になってしまいます。